やりがいをもって働く

訪問マッサージとして働き始めて3年になりますが、最初は主婦でもできる仕事、空き時間を利用してできる仕事という条件で探していて、ヘルパーをしたいと強く思っていたわけではありませんでした。
訪問マッサージの資格を取得して働いていくうちに、徐々にこの仕事の責任とやりがいを感じるようになってきました。

訪問マッサージとして一人暮らしの高齢者の家を訪問して、主に調理、買い物、掃除などの生活援助を行っていて、最初はお手伝いさんという感覚でいました。

しかし訪問先で「○○さんと話せることが楽しみ」「家族がなかなか来ないからこうやって手伝ってくれる制度はあることに感謝している」と言われる人の言葉に元気をもらい、その人の人生の一部を支えている仕事をさせてもらっているんだなと実感するようになりました。

yoga-1434787_640

私はまだ40代と高齢者と呼ばれるためには時間がかかりますが、訪問先の高齢者の方が人生の先輩のような気がしていますし、自分が年齢を重ねてこうなるんだなという姿を見させてもらっているような気がします。

仕事が休みの時も担当の高齢者の方は元気にしているかななど気になることもあり、自分がこの仕事にどっぷりはまってきているなと実感していることもあります。
思い入れのある人が一人暮らしができなくなり施設に入られる、お亡くなりになるなど悲しい出来事に直面することもありますが、一回一回の訪問でできることをやって、喜んでもらえるように役に立ちたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です